健康の為には欠かせない青汁|見違えるような毎日を過ごそう

ジュース

継続する為のコツ

笑顔のウーマン

健康を維持する為には何かを続けることが大切です。一般的に健康の為には運動をする事があげられますが時間のない方には青汁が最適です。続けるコツをつかめば誰でも簡単に続けられます。

原料によって違う特徴

女性

苦くて青臭いけど健康に良い。どうして青汁はこんなに独特な味がするのか気になりませんか。特徴的な味と栄養素、それは原料に秘密があるのです。
青汁といってもその原料は何種類かあります。原料の種類によって味や栄養素も変わるので、自分にあった商品を探すのに役立ててみましょう。まず、一番よく使われているのがケールです。このケールについてはCMや通販番組などで名前を聞いたことがあるといった方も多いと思います。ケールはキャベツやブロッコリーといった野菜の原種にあたるアブラナ科の植物です。βカロテンや目の健康に良いルテインをはじめ、メラトニンやビタミン類、カルシウムに食物繊維といった豊富な栄養素が特徴で、他の青汁の原料と比べても栄養素の量が多い原料です。ケールは青臭さや苦味が特に強く好みが分かれます。大麦若葉もケールのように有名な原料の一つです。大麦若葉はイネ科の植物で、動脈硬化などに効果のあるSOD酵素を含んでいるのが特徴で、亜鉛や鉄分、マグネシウム、食物繊維といった栄養素をバランス良く含んでいます。大麦若葉は他の青汁と比べてクセがなく飲みやすいとされています。次に明日葉ですが、これも大麦若葉やケールに次ぐ青汁の原料で、特にこの3つがよく使用されています。原産は日本で栄養価もケールと並ぶほど高く、カルコンや各種ビタミンを多く含みます。他によく使われている青汁の原料としてクマザサやヨモギなどがありますが、上で紹介したケールや大麦若葉などといった原料に比べると使用する比率も少ないです。
このようにいくつかある青汁の中でもそれぞれ味や栄養価に特徴がありますので、自分にあった物を選ぶことで、長く継続して飲み続けることができるでしょう。見違えるような毎日を過ごしましょう。

美味しく飲む方法

ドリンク

青汁はそのまま飲むだけではなく他の飲み物と割ったり料理に加えたりすることでとても美味しく召し上がることができるようになります。ただ普通に飲むのが苦手な方は別の方法を試してみて自分に合う方法を見つけてみましょう。

ダイエット効果も

野菜

ダイエットと聞くと、きつくて辛い運動や食事制限をイメージする方は多いと思います。しかし無理をしなくても、青汁を継続的に飲み続けることで太りにくく、健康的な身体を手に入れることがでるでしょう。